• Biography

When I heard a whistle
the story was over
A happy ending
wouldn’t suit us

The end finally came
Before we knew it
I was smoking
while waiting for the morning

Watching the morning glow
and gave a wave
Where did the excitement go?
I watched that ship sail over the sunset
before going home

What I remember
about the days in the summer
I wrote you a letter
and waited for winter

That ship at dawn
faded away over the sea
while waving at the lighthouse
Like a mirage at dusk
You smiled at me and said
“There are some things that never change”

I wanna tell you
before you leave
Nothing lasts forever
Everything comes to an end
And don’t go chasing
what you’ve lost
I can’t say everything is going to be all right

It’s not sunny
But visibility isn’t but
It’s gonna be fine
We’ve always been this way

(対訳)
汽笛が聞こえて
物語は終わった
よくある結末は
僕らには似合わない

瞬く間に
終焉の時は来た
僕は煙草をふかして
朝を待っていた

朝焼けを眺めて
手を振っていた
あの狂騒はどこへ行ったのだろう
夕暮れの向こうに
消えていった船を
僕は見送って 帰り道をたどる

思い出すのは
夏の日のこと
僕は手紙を書いて
冬を待っていた

夜明けの船は
灯台に手を振って
海の向こうへ消えていった
夕暮れに浮かぶ残像
変らないものもあるんだよって
君は笑って言ったね

君が行ってしまう前に
伝えたいことがあるんだ
この世界に永遠なんてない
全てのものに終わりは来るんだ
だからさ 失ったものを
取り戻そうとなんてしないで
全て上手くいくなんて言えないんだけど

晴れてはいないけど
視界は悪くない
大丈夫さ
僕らはいつだってこうやって来たんだ